Short-eared Owl in great approach.

We love Short-eared Owl a winter migratory bird of Japan. They are big and cute. Especially funny and charming face. Everyone can't help loving them if watched.
先日の事ですが、こんなに近くをず〜っと飛び回ってくれたのは初めての経験でした。地元お知り合いの皆さんと一緒に少し離れた場所、どうやら狩場の真ん中だった様です。
d0360547_16011546.jpg

d0360547_16011511.jpg

d0360547_16011604.jpg

At that day, Short-eared Owl flew around us very close. Never had such an awesome experience before. So again and again, superb!!
フィルム時代を知っているとノートリのアップ写真は嬉しいのですが、面白みに欠けますね。フレームアウトのドアップの方が迫力があってイイ感じかとw
d0360547_16011671.jpg

d0360547_16011659.jpg
好きな正面、羽を広げたショットを中心にw (ドアップ2枚は構図調整に少しトリムしています)






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-02-14 16:10 | Comments(2)

Rough-legged Buzzard & Rufous-necked Sandpiper

Rough-legged Buzzard is a winter migratory bird of prey in Japan. In recent years, very difficult observing them.
わりと近いところを飛んでいたケアシノスリを車中から。長玉を準備して車から出たら遠くへ行ってしまいました。
d0360547_18123553.jpg

Rufous-necked Sandpiper is a standard scolopacidae family bird in Japan. Little bit cute?!
こちらは向こうから近くの水辺に飛んで来ました。シギチはガチで無知。帰って調べたら普通種トウネンでした。でも可愛かったので、とりあえずw
d0360547_18123572.jpg

d0360547_18123508.jpg






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-02-10 18:15 | Comments(0)

雪のコミミズク part II

Short-eared Owl in the snow.

As we thought, we like such a scene. また雪のコミミに合うことが出来ました。
d0360547_08244523.jpg

d0360547_08244570.jpg

d0360547_08244674.jpg

d0360547_08244612.jpg

d0360547_08244609.jpg







[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-02-06 08:34 | Comments(4)

Pallas's Rosefinch female in all alone.

Winter migratory bird in Japan. It that I photographed maybe a female. Or a young male because with more reddish than female. This female was alone in no flock.
雪道を注意して走っていると赤い鳥が見えました。確認するとオオマシコの♀の様でした。一羽だけ、他には見つかりません。しばらくすると近くにいたウソ数羽と共に飛んで行ってしまいました。

d0360547_17541894.jpg

道路際を移動してくれたので車内から接近撮影ができました。全体的に赤みが強い気がしますからオス若かもしれません。
この季節はスノーボードが楽しみですが、エリアによっては野鳥撮影の機会もあって嬉しいです。

d0360547_17541804.jpg

d0360547_17541879.jpg

Male has the beautiful red body. Check below post.
Pallas's Rosefinch of Japan







[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-02-03 18:07 | Comments(2)

A tiny bird and a big bird of HOKKAIDO Japan.

To begin with, Long-tailed Tit. This is a subspecies "A. c. japonicus". Inhabiting in HOKKAIDO and having a characteristic white face without eye-stripe.
最後に"シマ"の付く鳥を二つ。まずはシマエナガですね。可愛いのですが特に探して撮るわけではないので機会があって良かったです。

d0360547_17333693.jpg

d0360547_17333642.jpg



Blakiston's fish owl is a one of the biggest owl in the world. In Japan, inhabiting just HOKKAIDO. Observation of their ecology especially the daytime is not easy because very rare nocturnal bird.
そして、やっぱりシマフクロウ。夜ですが「鷲の○○」ではありませんw でも何と言っても昼の姿を探す楽しさが一番です。地元の方と話すと夜も思わぬところに可能性があって楽しいですね。

d0360547_17083194.jpg






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-30 09:27 | Comments(2)

クロヅル:2018年

Common crane

A few Common cranes pass the winter in KYUSHU the southern Japan every year. We spotted it hidden in the many red-crowned cranes HOKKAIDO the northern Japan. It was a rare opportunity.
タンチョウの中にクロヅルが一羽混ざっていました。タンチョウよりひとまわり小さいのですが、配色パターンはよく似ていました。

d0360547_16451933.jpg


d0360547_16453034.jpg

とりあえず五・六カットだけ撮っておきましたが、樹洞のフクロウと同じで天気でも悪くないと証拠写真にしかなりませんね。^^;






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-26 16:48 | Comments(2)

タンチョウ:日没の飛翔

Japanese crane at sunset.

The red-crowned crane known as the Japanese crane is called "TANCHOH" in japanese language. Species name is "Grus japonensis". Just a bird as a symbol for Japan.
This time, we mainly photographed their flying home to roost at sunset.

d0360547_15040263.jpg

d0360547_15042426.jpg

タンチョウの写真は難しいですね。今回は日没時の塒(ねぐら)に帰る姿狙いです。刻々と光がなくなる中、低空で頭上を飛ぶ群れを広角レンズで待ちました。場所決めがポイントでしたが、仕事で現地入りしていた写真家さんと合流してアドバイスをいただき助かりました。^^v

d0360547_15045103.jpg
日没直後、まだ上空には夕日が当たっています。

d0360547_15050751.jpg
暗くなり始めです。

d0360547_15052592.jpg
帳が降りる中、暗く沈んだ空を塒に向かいます。頭上を飛んでくれました。






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-24 15:17 | Comments(2)

Ural Owl of HOKKAIDO Japan.

Four subspecies of Ural Owl inhabit in Japan. These are 'Strix uralensis japonica' in HOKKAIDO the northern Japan. Its characteristic is whitish, body and face, especially facial disk more than other subspecies. We can sometimes spot them in hollow tree roost.

d0360547_12171290.jpg
枝どまりのエゾフクロウを観察できるのは稀だと思いますが、kokotonMAMAがうまく見つけてくれました。
・・・・・・
樹洞のエゾフクロウ、お馴染み塒(ねぐら)のシーンですね。晴れた昼間の写真では話になりませんが。^^;
d0360547_12174688.jpg



今年はあまり洞に入っていないと聞いて行きましたが、その通りでした。周辺環境の変化やマナーの問題が取り沙汰されています。また、古木が洞の先から折れてしまう事もあります。今回この木がそうでした。

d0360547_12181965.jpg
Broken old tree hollow roost.

東京から行ける場所も自然林の伐採でフクロウ出現が激減。フクロウ自体は場所や時間帯を少し変えているだけだと思いますが。そうであって欲しいですね。






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-22 12:49 | Comments(2)

Steller's sea eagle and White-tailed eagle of HOKKAIDO Japan.

We don't recommend photographing big sea eagles in january of Japan. Because no ice floe (drift ice) no excursion boat. Eagles will be gathered around the fishes for feeding them. The sea eagle season will come together with ice floe next month.
一月中旬の海ワシは撮影には適しません。ポツポツとまっていますが、それだけですね。もちろん流氷はありませんし観光船も出ません。カメラマンもいません。(笑) 諦めかけていた時になんとか活性がある一ヶ所に出会えました。

d0360547_09285118.jpg

d0360547_09291939.jpg

Fortunately we found the spot they were in activity. The fishes for feeding the sea eagles were in there by a certain system. Yes! just a luck!

d0360547_09295524.jpg

今回は地元漁師さんお二人とゆっくり話す時間がありました。ご厚意で敷地内から撮らせていただけたので助かりました。

d0360547_09313489.jpg

d0360547_09315576.jpg

d0360547_09321341.jpg

kokotonMAMAは早々に漁師小屋へ呼んでもらい、デンマークのお友達と"鮭とば"や"宗八カレイ"を羅臼特産の昆布茶でいただきヌクヌクしてました。ヾ^^;






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-20 09:44 | Comments(0)

Kingfisher making splashes of water

d0360547_09545587.jpg

Water splashes against the sun by a kingfisher flying out from the pond is so beautiful. It's so sparklingly and shiningly! I aimed for photographing such a scene.
カワセミさんが飛び込むと、水しぶきが冬の斜光で綺麗でした。

d0360547_09531194.jpg

d0360547_09533841.jpg

逆光が弱いとカワセミの色は救われますが、水しぶきの輝きは今ひとつですね。

d0360547_09540778.jpg

d0360547_09542784.jpg

The photographing material of our time, camera and lens, has made remarkable progress and good enough to photograph like these scenes. Might be awesome captures if had been taken 20 years ago ;)






[PR]
# by birdphotosjpn | 2018-01-09 10:02 | Comments(4)