ツミの留鳥化と8月の巣立ち:2017年《 # 1 》

[ Japanese sparrowhawk fledging in august : vol.1 ]

Japanese sparrowhawk juvenile fledged in august is too late for migrating to the south east Asia in autumn. We think this female were wintering in Tokyo. Her juveniles might turn into the resident birds in Japan.

ご近所さんのツミは無事に三羽が8月の初めに巣立ちました。8月というのは驚きで、本来なら秋の渡りにはギリギリです。ところが、この親はこの冬に地元の方々に確認されています。どうやら越冬したようです。写真はお母さんだけ、遅くなりましたがアップする事にしました。

d0360547_17473853.jpg

その視線の先には二羽の巣立ちの雛がいます。でも高い茂った中で写真は難しい状況でした。
It is also said that the probable cause is the global warming. Worry about changes in the ecosystem.

d0360547_17482992.jpg

同じような話は別の場所でもあり、さらに驚きの8月下旬の巣立ちに立会えました。#2ではその可愛い様子をアップできればと思います。
クマゼミやリュウキュウサンショウクイの北上もそうでしょうが、地球温暖化の影響?が目の前に出現しています。いろいろ心配になりますね。
Sorry, I could not photograph juveniles at this site. BTW took the pics at an another site for updating the next post. (Amazing!, more further late fledging at that site!)


.

[PR]
by birdphotosjpn | 2017-08-28 17:53