人気ブログランキング |
冬のコミミズク:2019年


Short-eared Owl is a one of my favourite wintering wild birds. Owls are nocturnal in habit. Of course Short-eared Owl too. So, we had been waiting for them at evening before sunset.
コミミが飛ぶ姿はやっぱりイイな。ゆっくりフワフワと舞ってくれました。短い時間でしたが、久しぶりに可愛かった。(kokotonMAMA)

d0360547_10382510.jpg


d0360547_10394155.jpg


d0360547_10410473.jpg

At that day, they appeared at 3 half pm from roosts. What a good situation it was! The reason is snowing last night and taking no baits. Thanks for last night snowing and Short-eared Owl flying in the daytime. It was a incredible time.👍

d0360547_10401174.jpg


d0360547_10390560.jpg

Snow covered the ground last night reflected the sunlight like as reflector board for photography and clearly illuminated the Short-eared Owl. We could set the camera shutter speed high enough with low ISO speed.

d0360547_10404168.jpg







# by birdphotosjpn | 2019-02-03 10:55

雪にまみれるフクロウ

Ural Owl of Japan in a silent snowing.


Ural Owl resident bird in Japan is known for four subspecies. This called "Ezo-Fukurou" (Strix uralensis japonica) is the one of them and inhabited in HOKKAIDO the northern Japan. "Ezo" means the old name HOKKAIDO, "Fukurou" is Owl. It was heavy snowing that day.
かの地のフクロウは昼間静かにしている木の洞シーンが多いですが、珍しい人家の生垣です。降りしきる雪の中、静かに佇んでいました。見えるのはこの位置だけ、家の方だけが知っている密かな楽しみだそうです。そ〜っとsilent-modeで一枚だけ。

d0360547_15333354.jpg






# by birdphotosjpn | 2018-12-07 15:36 | Comments(2)
Steller's sea eagle at the end of fall of Japan.


Steller's sea eagle has come for wintering from the Kamchatka peninsula in Far Eastern Russia to the Hokkaido prefecture in Northern Japan. They, birds of prey on fish and waterfowl, hunt salmon that came back the river for the spawning in this late autumn. Maybe for one more month, we can make observation of them at the riverbank of such streams.

d0360547_09212551.jpg

遡上するサケを狙う晩秋のオオワシ、流氷船や漁港の餌付けとは違う野生本来の姿を見る事ができますね。神経質で、車で近寄るだけで飛んでしまいます。低い位置でサケを狙う個体は目線ですが、飛んだら車の中で待っても戻って来ません。食事中は大胆ですけどw

d0360547_09153523.jpg

d0360547_10081537.jpg

d0360547_09153515.jpg

サケを狙う3〜4羽のオオワシと根比べ。唯一 目の前でサケを狩る姿に気づくのが遅れたのは残念、チャンスはそれきりでした。人けのない深閑とした素晴らしい場所ですが、もうすぐここからいなくなるでしょう。

d0360547_09153503.jpg

野鳥撮影機会が減った今、こういう環境の中にいる時間が好きだからやめられないのかもしれません。







# by birdphotosjpn | 2018-12-01 09:26 | Comments(4)
Little Grebe in autumn colors of Japan.


At this season autumn, broad-leaves turn yellow and red. The surface of a mountain looks like burning and the surface of a lake reflects that colors. We found the little grebe in such a scenery.
日陰の暗い湖面、そこには対岸の燃える様な見事な紅葉が映り込みます。日が差す前が勝負、狙いのオシドリにはふられましたが冬羽になったカイツブリが泳いでくれました。

d0360547_15082661.jpg


d0360547_08194886.jpg

観光地ですが、ここを歩く人はそれほどでもないのでのんびり出来ました。撮影現地写真 → こちら





# by birdphotosjpn | 2018-10-30 15:11 | Comments(2)
Stonechat in the paddy field of Japan.


It's just the season of rice harvesting in Japan now. And stonechats are dropping by such a fields on their way to migrate for the South East Asia. Good season for japanese-birders.
稲の刈り取り時期には田んぼの地面が出て虫が獲り易くなりますね。ノビタキは稲は食べないので大丈夫。今回は寄りと引きの状況があって楽しませてもらいました。

d0360547_17030051.jpg

They are molting brownish even males for winter plumage. Males of summer plumage were colored black and white.

d0360547_17030047.jpg

天候も少し安定して来て撮影には良い季節になって来ましたね。

d0360547_17025917.jpg






# by birdphotosjpn | 2018-10-21 17:09 | Comments(2)

秋のノビタキ:2018年

Stonechat in autumn Japan.


Stonechat is a summer migratory bird in Japan and spent at the highland. Now in autumn, we can watch their returning back to the South East Asia with winter plumage at the plain fields.
今年もノビタキの南帰行の時期になりましたね。今回は珍しく♂も数多く見ることができ、冬羽への変化の差も見られ観察でも楽しめました。昨シーズンはタイミングが合わなかったので今回は嬉しかったです。

d0360547_15175785.jpg


d0360547_15175821.jpg

もう一回、実った稲と刈り取った"はさがけ"のシーンでアップ予定です。

d0360547_16032500.jpg






# by birdphotosjpn | 2018-10-18 15:32 | Comments(4)

水面の光跡 Ⅲ

The loci of the light on the water surface.(III)

It has been hot these days. The heat of summer Japan is getting to us and that's more severely than you imagine.
それにしても暑いですねぇ。撮影は当面お休みですが、前回の"水面の光跡"の残りがありましたので更新です。
(野鳥写真の在庫更新はしませんw 音楽関係のメインブログと、日々のツイッターは更新中です)


d0360547_07134397.jpg



d0360547_07134315.jpg

そろそろ機材の見直しの為に整理の時期でしょうかねぇ…






# by birdphotosjpn | 2018-08-04 07:17 | Comments(0)

悲しみ

私たちの十年来の友人であるS.S.氏の突然の訃報に接し、驚きと悲しみしかありません。

氏はマニュアル・フォーカスによる天才的な飛びものを得意として、チョウゲンボウやツミの生き生きとした写真が特徴的でした。

氏とはこの趣味を始めた頃からの友人であり撮影スタンスや考え方を共有できた大切な隣人でした。最後のツミの撮影も氏とのタッグで大切にしたポイントです。

多くの思い出をいただけた事に心からお礼を伝えたいと思います。

RIP : Mr. S.

# by birdphotosjpn | 2018-07-27 14:48 | Comments(10)
It’s kinda hot in Tokyo.

Too hot!, not only Tokyo but anywhere in Japan. We need to have a rest for birding and photographing now. Take extra precautions against the heat please, if you'll visit to summer Japan even in business.
毎日暑すぎですね。6-7月中旬は平均週二回くらいの高頻度で撮影していましたので、本来のペース(月二以下?)に戻りましょう。それも秋風が吹いてからですねぇ。しばしお休みです。^^;





# by birdphotosjpn | 2018-07-26 07:16
Japanese Sparrowhawks said good-bye!

We realized that Japanese Sparrowhawk fledged juveniles and parents disappeared from this tiny woods. Might be moving to another site where bigger and breeding easier than here. Sudden parting with them made us disappointed and so sad. There is nothing that we can do but pray "Take care, C-ya!"
巣立ち後第4週に入った今月三連休の早朝、街中狭小の林にこの子達の姿はありませんでした。予測はしていたのですが…

d0360547_07142888.jpg

d0360547_07142743.jpg


ここではセミ捕りや獲物に止めを刺す練習、水浴びができません。やはり移動したのでしょうね、その兆候は感じていました。最後に見たときは幼鳥一羽、他の二羽と♀は見られませんでした。


d0360547_07142779.jpg

d0360547_07142817.jpg









この若い♂、お父さんは立派でした。餌獲り能力が高く、最後は残った一羽に餌を与え常に見守っていました。
d0360547_07142762.jpg
ただここの環境は厳しく、巣も経年使用ではない小さな物で来年も来てくれるかはわかりません。元気でいてほしいです。








# by birdphotosjpn | 2018-07-20 07:20 | Comments(8)